(済)7月15日・16日 盂蘭盆法話のおしらせ

shiki_photo_0128

本年の盂蘭盆法話は終了いたしました。

有難うございました。

 

夏の夏は、仏教にとっては学問の季節です。
毎年、境内の蓮が咲きほこる7月に講師をお迎えし「盂蘭盆法話」をつとめます。本年は、行基菩薩の研究家尾田栄章先生( 15日午前)と、mixs代表の松本孝一先生( 16日午後)にご講演いただきます。また山田法胤住職(16日午前)、の法話を予定しております。
盂蘭盆法話にあわせ、9時から盂蘭盆会の施餓鬼法要を行い、亡き方々、ご先祖さまのご廻向を申し上げます。
また、講座終了後、「大和の茶粥」をふるまいます。

施餓鬼供養法要

7月15日(土) 16日(日) 9時より

盂蘭盆法話

7月15日(土)  10時より
「行基と長屋王の時代」 講師 KK尾田組会長 『行基と長屋王の時代』著者 尾田 榮章 先生
1941年福井県生まれ、奈良県育ち。京都大学大学院修了、1967年に建設省に入省。河川局長として「 河川環境の整備と保全」と住民参加を求める河川法改正に携わる。1998年に退官後、第3回世界水フォーラム事務局長などを歴任。また蓋をされた河川の再生を目指すNPO「 渋谷川ルネッサンス」を立ち上げ、活動。

7月16日(日)  10時より
「おかげのおかげのおかげさま」 講師 喜光寺住職 薬師寺長老 山田 法胤
s03_icatch_0123

同  日  12時30分より
「養生の基本ー病になっても治りやすい身体をつくるー」 mixs.代表 松本 孝一 先生
生きる根源、呼吸をベースに身体のしくみを使うことにより、人本来の力を引き出す実践理論は、アトピー、椎間板ヘルニアなど生活習慣の病だけでなく、パーキンソン、パニック障害など難病にも驚異的な効果をあげ、全国で開催するセミナーは医療関係者から大きな注目を集めている。

松本氏写真

どなた様でも気軽にご参加いただける喜光寺です。
ぜひ蓮の季節の喜光寺にお出かけ下さい!